Welcome to my blog

クリエーター 勝負澤 望

岩手県滝沢市 Unique Art コーポレーション 主宰 自然ウォッチングやヒーリングアートを描き、エッセイストとして活動

 時代小説の名手

35_20150202220220ed5.jpg
-時代小説の名手-

子母澤 寛(しもざわ・かん)は
明治25年(1892)北海道の
石狩郡厚田村生まれの小説家で
司馬遼太郎より先に「新撰組」研究に取り組み
30歳で『新撰組始末記』を書き
著作には『弥太郎笠』『新撰組』
『勝海舟』『父子(おやこ)鷹』『おとこ鷹』
『座頭市物語』『大道』『国定忠治』
などがある

長編小説『勝海舟』はドラマ化され
『父子鷹』『おとこ鷹』も続編で
勝 小吉と勝 海舟(臨太郎)の父子物語
『座頭市物語』は映画化され
勝新太郎が主役を演じてブームになった
昭和43年に76歳で病没した
各小説は新潮社・中央公論社などの文庫
また全集で売られている
※写真は私蔵 古本屋で購入した一冊

0 Comments

Add your comment